青汁に含まれるケールの健康効果

青汁とは、健康食品の1つでケールや大麦若葉が入っている飲み物です。いつくもの種類の野菜を混ぜ合わせ、健康飲料水として親しまれています。今回はそんな青汁に入っている野菜の1つ「ケール」について紹介します。どんな特徴があるのでしょうか?

青汁が不味いイメージの原因

昔の青汁は不味いけど健康にいい。そういうイメージがありました。その原因の1つとしてケールが挙げられます。たくさんの緑黄色野菜を使っている青汁ですが、昔はケールのみが使われ、その苦味が強くなっていたのです。

ケールは非常に苦味が強く、青っぽい味が特徴だからです。外国ではケールを食べるとき、軽く火を通し、苦味や青っぽさを取り除く処理をしますが、青汁ではそうした処理をせず、ケールの苦味が強くなってしまうのです。

現在販売されている青汁には昔ほどの苦味はありません。それは青汁の原材料ケール以外の野菜を使ったり、果物を使ったりして甘みや美味しさを引き出しているからです。ケールがメインのものでも抹茶風味の味にして苦味を緩和する動きが出てきるようです。人によって好みは異なりますが、現在販売されている青汁にケールが入っているからといって警戒する必要はないでしょう。

アンチエイジングに効果的なケール

ケールは「野菜の王様」の異名もある健康的な効果を与えてくれる野菜です。非常に優れた栄養が含まれ、アンチエイジングの効果も期待されています。アンチエイジングとは身体の老廃物を取り除き、健康的な身体を手に入れる方法です。ビタミンやミネラルも豊富に含まれているので青汁を飲むだけでケールの健康効果を手に入れることができるのは非常に大きな魅力につながるでしょう。

料理やサラダに使うのは難しいケール

ケールは魅力的な野菜です。しかし、苦味が強く料理やサラダに使うのは難しい野菜です。自分の家でケールを使った料理を作っても苦味が強く、食べるのが難しいかもしれません。そうした意味で青汁はケールを効率的に身体に摂取する有効的な方法といえるでしょう。

現在販売されている青汁の多くは、ケールの苦味を緩和し、長く飲みやすい商品にする工夫がされています。ケールの高いアンチエイジングや健康効果は昔の青汁のままに、飲みやすい青汁が開発されているのです。

アンチエイジングのほかにもケールはポリフェノールによる抗酸化作用、便秘解消など身体に有効的な効果を与えてくれます。毎日の生活の中で青汁を飲むだけでこうした健康効果を与えてくれるケール入りの青汁はとても魅力的な健康食品の1つといえるでしょう。

青汁を選ぶときのチェックポイント

健康的な身体を手に入れるために青汁を始めてみよう。そう思っている人は多いと思います。しかし、インターネットで青汁を販売している会社を調べると、多くの会社を検索できるはずです。今回は青汁を購入するときのポイントをそれぞれピックアップして紹介していこうと思います。

製法などの品質

青汁をはじめとする健康食品は製法などの品質を注意して購入する必要があります。品質の部分で最初にチェックしなければならないのが「無添加」かどうかです。高品質な青汁を選ぶのであれば、食品添加物や調味料などを使っていない無添加の青汁を選びましょう。こうした添加物や調味料が入っていることは、ホウレンソウやケールなど緑黄色野菜が不足する青汁の可能性があるからです。

もちろん、無添加なら何でもいいわけではありません。しかし、無添加の青汁は苦味の部分が強くなり、それをカバーするために野菜やフルーツの甘みを引き出す製法を活用しています。野菜本来の甘みや美味しさを引き出した無添加の青汁は身体により健康的な効果を与えてくれるでしょう。

一般的な青汁のイメージとして「健康にいいけど苦い飲み物」。こうしたイメージがあると思います。青汁の注意点現在販売されている青汁の多くは昔のように単純に苦いものは少なく、美味しさを追求する傾向があるようです。

フルーツを配合したり、野菜本来の甘さを引き出し、飲み続けやすい青汁を開発し、販売するようになったのです。ジュース感覚で飲みる青汁も増え、子供やお年寄りがおやつ代わりに青汁を飲む家庭も増えています。

こうした意味で味は非常に重要です。青汁をはじめとする健康食品は続けなければ意味がありません。個人差が非常に大きいので価格や口コミサイトだけでなく、体験版やオタメしセットなどで味を確認してから購入しましょう。

価格・口コミ

健康的な青汁ですが、インターネットで販売されている商品には詐欺まがいの青汁も少なくありません。こうした青汁にひっかからないように口コミサイトで会社や商品を確認しておくことも重要になります。

また、健康や美味しさを追求した青汁でも価格が高いと長続きできません。1週間や1ヵ月程度飲んだだけでは青汁の健康効果を受け取ることは不可能です。これからもずっと飲み続けられるように自分が許せる範囲の価格帯で販売している青汁を選ぶのも重要になります。

個人差はありますが、青汁を購入するときに注意しなければならないのはこの3つです。きちんとチェックして自分に合った青汁を見つけましょう。