青汁を飲むときの注意点

健康食品として人気の高い青汁。今では昔と違って、甘く、フルーティな飲みやすい健康食品になっています。しかし、きちんと注意点を守らないと青汁の健康効果を高めることはできません。今回はそんな青汁の注意点を紹介していきます。

過剰摂取を控える

青汁に限りませんが、健康食品は過剰に摂取すれば健康効果を高められるものではありません。過剰に摂取しても効果がないだけでなく、健康に悪影響を与える可能性が含まれています。青汁も過剰摂取を控えたほうがいいでしょう。
青汁を過剰に摂取すると、下痢やお腹がゆるくなったりする可能性があります

また、薬を服用している人は医師と相談してみるといいでしょう。青汁に含まれるビタミンKは薬の1つである「ワーファリン」の効果を薄めてしまうことがあります。ワーファリンは心臓や血流に疾患のある人が服用する薬の1つ。もし、自分がこうした症状をもっているなら医師に青汁を飲んでもいいのか?相談してみるといいでしょう。

継続することが大切

青汁をはじめとする健康食品は継続してはじめて健康効果を受け入れることができます。1日や1週間程度青汁を飲んだだけでは、青汁に含まれる健康効果を実感するのは難しいでしょう。薬と違って、少ない量ですぐに効果が実感できるものではありません。青汁の原料を摂取することで身体の健康バランスが変わり、改善すべき疾患や兆候や不良点が改善され、健康になっていきます。

少し飲んだけど、あまり変化が見られないから青汁を飲むのを控えよう。そう思う気持ちはわかりますが、それは非常にもったいない話です。実際に青汁の効果を実感できるまで個人差はありますが、3ヶ月は必要になります。1つの目安ですが、3ヶ月は自分に合っているのか?継続することを心がけましょう。

砂糖などで甘くしない

昔は罰ゲームとして飲まれることがあった青汁。美味しいけどマズイ青汁ですが、今では大分改良され、飲みやすくなっています。しかし、人によってはまだ青臭さや野菜の味が原因で飲みにくいと思ってしまう人もいるでしょう。そういう人の中には砂糖などで甘くする人がいますが、これは避けるべきです。

青汁はすでに栄養バランスが考慮されているので、砂糖を加えると糖分の取り過ぎになってしまいます。どうしても飲みにくい場合はハチミツや牛乳などを少なめにして甘さを調節するといいでしょう。

せっかく青汁を購入しても守らなければならないことを意識しないと無駄になってしまいます。しっかりと青汁を飲むときの注意点を守り、健康的な習慣を身に付けましょう。

関連記事

    None Found

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です